はこだてみらい館

WOW magazine 124 - Aug. 17th, 2017

WOW初の建築プロジェクト「はこだてみらい館」

WOW初の建築プロジェクト「はこだてみらい館」「はこだてキッズプラザ」が、2016年10月15日に北海道函館市に開館。約二年半に渡るソニーPCLとの協働を経て、地域交流センターとしてオープンしました。

プロジェクト立案時に市から依頼されていた巨大LEDディスプレイ「Media Wall」のコンテンツ制作を超えて、施設のコンセプト構築、公立はこだて未来大学との連携、学生とのワークショップを通じて制作したロゴやウェブサイトなど、市からの要綱にある「地域再活性化」を目的とした施設設立を総合的に担当しました。
函館市は約15年前から「科学」を街の新たな魅力として発信していくために、公立はこだて未来大学を設立。国内初の複雑系学科を設立する事により、人工知能をはじめとした先進技術教育とデザイン教育を進めてきました。「はこだてみらい館」「はこだてキッズプラザ」は、「科学」をベースに、次世代を担う子供達が遊びながら21世紀の世界を担っていくために必要なチカラ(課題発見能力や自己解決能力)を育む事を目的としています。このチカラを「オドロクチカラ」と名付け、施設を発展させていくコンセプトとしました。駅前という立地を活かし、施設の発展による函館駅前地区再活性化を図ります。

はこだてみらい館内に設置された幅14m x 高3mの巨大LEDディスプレイ「Media Wall」と「360 Studio」では、「オドロクチカラ」を引き出す各種コンテンツを制作。また、施設と街づくりのサポートやアドバイス、ワークショッププログラムやコンテンツ計画にも今後参画していきます。

はこだてみらい館▶Official website

Play Movie▶Concept Movie / Digest Movie / Media Wall Movie / 360 Studio Movie
また、はこだてみらい館では、9月3日(日)まで「あそぶ!ゲーム展 〜世界初のデジタルゲームから最先端研究まで〜」を開催中。1950年代末から1982年までのデジタルゲームの変遷を、「コンピュータースペース」「スペースインベーダー」「パックマン」といったその時代を代表するゲーム作品を多角的に捉えた解説とともに「遊んで学べる展覧会」として楽しめます。加えて、身近にある素材を使って自分でゲームを作り出す「つくる!ゲーム展」も同時開催。夏休みはご家族と一緒に、是非、お越しください。

はこだてみらい館・はこだてキッズプラザ
住所:函館市若松町20番1号 キラリス函館 3階(みらい館) / 4階(キッズプラザ)
時間: みらい館 10:00〜20:00 / キッズプラザ 10:00〜18:00
休館日: 年末年始(12月31日〜1月1日)、毎月第2水曜日

あそぶ!ゲーム展
会期:2017年7月14日(金)〜9月3日(日)
会場:函館市若松町20番1号 キラリス函館 3階(みらい館)

はこだてみらいプロジェクト

aikuchi 銀座蔦屋書店にて限定販売開始

至高の美術品として世界に名高い「日本刀」は、刀身、鞘、柄などの刀装具までが、日本の伝統工芸技術の精緻な集積で成り立っています。伝統の刀に現代随一のデザイナー マーク・ニューソンが革新的な創造性を注ぎ込み、その共振する魂が生み出した日本的感性の結晶であるaikuchiが、銀座蔦屋書店にて限定販売を開始しました。銀座蔦屋書店にて販売の刀身は、刀剣界最高の「正宗賞」受賞歴を持ち、現代の刀匠の中でも数少ない最高位の「無鑑査 認定者」である河内國平氏と一門が作刀を務めます。「日本の美意識」と「伝統の工芸技術」、そして「革新のデザイン」によって創り上げられたaikuchi。一般公開は初となるこの機会に、是非、間近でご覧ください。

aikuchi
銀座蔦屋書店
aikuchi 銀座蔦屋書店にて販売開始
刀匠河内國平・一門

WOW magazine